2005年12月03日

■ 水草水槽のセット手順 ■
1.水槽のセット

 まずはじめに水槽を水槽台の上にセットしましょう。
 この際に水槽が傾いていないか水平を出しておきましょう。水平が取れていないと
最悪水槽が割れてしまうことがあります。
 セッティング終了後にはおき場所を変更することができないので最初に行っておい
てください。

2.底砂投入

 パワーサンドを水槽の底にまんべんなく撒いていきます。
 軽く慣らしてからアクアソイルアマゾニアをパワーサンドの上に撒きましょう。
 アクアソイルは傾斜を付けると奥行き間が出てより良い景観を作れます。
(手前を低く敷き、奥に行くほど高くなるように撒きます。)
 ※化粧砂を使用する場合はこの上に撒きましょう。その際はパワーサンドとアクア
ソイルは水槽前面に撒かないようにしておくと美しく仕上がります。

3.水を注ぐ

 水槽の1/3程度まで水を注ぎます。
 注ぐ際にはプラスチックの皿やハッポウスチロ−ルなどを置き、その上に水を注いで
砂が舞い上がらないようにしながら注ぎます。
 ※これをやらないと水槽内が激しく濁り、最悪濁りが取れない場合があります。

4.器具類のセット

 フィルター、ヒーター、C02器具のセットを行います。
 ヒーターは水槽の奥側にセットし目立たないようにしましょう。
 フィルターの配管をセットし、CO2のチューブ類もセットしましょう。
 石や流木を使用するならこの段階で位置を決めセットしておきましょう。

5.水草植栽

 ここで初めて水草を植えます、植える際前面から植えていきましょう。
 適度な間隔で丁寧に植えてください。時々全体のバランスを見ながら植えてみまし
ょう。

6.残りの水投入

 残りの水を水槽内に入れましょう。入れる際は最初に注いだとおりに皿などを浮かべ
てその中に注いで水槽内が濁らないようにしましょう。
 注ぎ終わったら水槽の上に照明を載せましょう。

7.完成

 器具類を稼動させましょう、問題がなければ作業終了です。
 少しの濁りがあるかもしれませんが徐々にクリアになってきます。
 生体は最低1〜2週間程度経ってから投入するようにしましょう。

水草水槽の作成インデックスに戻る
posted by りく at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水草水槽の作成 この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。