2006年01月08日


■ ネオンドワーフグラミー ■
neongurami-.jpg
■ネオンドワーフグラミーとは?
メタリック色がきれいで人気の有るグラミーです。雄は派手ですが雌は
若干地味です。(上記写真は雌です。)
東南アジアブリード固体が安価にて流通しています。

■繁殖方法は?
雄・雌共に成熟するのを待ちます。成熟してくると雄は婚姻色に
染まってきますので、婚姻色確認後雌にエサを多めに与え十分に太
らします。 できれば単独飼育にし、しばらくすれば雄が泡巣を作り出し
、産卵が行われます。環境によっては混泳水槽でも産卵行動が見ら
れます。

■産卵後はどうするの?
産卵後雌のみ別水槽に取り出し、雄のみ入れておけば稚魚の世話をし
ます。 稚魚にはブラインシュリンプ及び時々ゆで卵の黄みを砕いたもの
を少量与えると良いでしょう。稚魚の生存率は少ないですが、数匹は
成魚まで至るでしょう。
注意点として稚魚が小さいので丁寧に世話をしないと全滅してしまうこと
があげられます。
生体図鑑インデックスへ戻る


posted by りく at 12:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 飼育・繁殖情報 この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
ネオンドワーフグラミーを雄と雌を飼い始めました。
雄の方が雌を追いかけまわしてるのですが
これはどういうことなのでしょうか?
教えてください。
Posted by DARS at 2008年12月18日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11454531
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。