2006年04月09日


■水槽の置き場所について■

■なぜ置き場所を選定する必要があるの?

 水槽ってほとんどの場合ガラス及びアクリルで出来ていて軽そうに見えますよね?
 しかし、90cmクラスのガラス水槽を持ってみれば分かると思いますが水槽だけでも
結構重たいものです。

 さらに水槽内には底砂や飼育水、装飾品などが入りますのでとんでもない重量にな
ってしまいます。

 あまりに重たいためやわな床などに置いてしまうと床が抜けたり傾いたりします。
 そうならないために水槽のサイズにより置き場所を考える必要があるのです。


■サイズ別水槽の置き場所

 ガラス水槽の場合は置き場所には特に気をつけたいです。

 なぜなら床が抜けたりする以前に床が傾いていたりすると水槽の4隅に均等に重量が
かからず、1方向に大きな重量がかかってしまいます。
 そうなると最悪水槽が割れたりガラスの接合部分が剥がれて水漏れを起こしたりして
しまいます。

 それではどのサイズの水槽でどの程度の重量になるのかを簡単に記載しておきます。
 
気にしなくてもOK

2階でもOK
小型水槽の場合
重量:10kg以下
置台:なんでもOK

どこに置いてもさしたる問題は出ないと思いますので好きな場所
に置くことが出来ます。
通常の床でOK

2階でもOK
30cm水槽の場合(キューブは除く)
重量:10kg以上
置台:カラーボックスでもOK

基本的にぐらぐらしない環境であれば問題ありません。
畳の上でも台さえしっかりしていればOKです。
45cm水槽の場合(30cmキューブはこちらに含)
重量:30kg以上
置台:しっかりした台であればOK

リビングボード上や机の上でも大丈夫かと思われます。
60cm水槽の場合
重量:50kg以上
置台:メタルシェルフや専用水槽台、50kg以上の耐荷重が必要

この辺りから台の耐荷重を気にしないといけません。
できれば水槽専用台かメタルシェルフ等が望ましいです。
マンションでの限界

2階は無理
90cm水槽の場合
重量:200kg以上
置台:専用水槽ラック及び耐荷重200kg以上が必要

ここから重量が跳ね上がります。
水槽専用台か耐荷重200kg以上の堅牢な台が必要です。
しっかりした床が必要

2階は無理
120cm水槽の場合
重量:300kg以上 
置台:専用水槽ラック及び耐加重300kg以上が必要

通常の住宅で丈夫な床の上に置ける限界です。
水槽専用台か耐荷重300kg以上の堅牢な台が必要です。
床下に補強が必要
及び
コンクリート床

2階は無理
120cm以上の水槽の場合
重量:400kg以上
置台:専用品及び特注品になると思います

通常の床では難しいので床の補強が必要になります。
台も専用品及び特注品になろうかと思います。

 


posted by りく at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚コラム この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。