2006年09月01日

熊谷市弥生「ヴァンテアン」にて機関限定の金魚バーなるものが出現してます。

店内にはガラスの入れ物に入った熱帯魚が沢山展示されており、熱帯魚たちを眺めながらくつろぐことが出来ます。

ガラス工芸作家である各務(かがみ)ひとみさんが装飾を担当し実現したそうです。

我々アクアリストにはとてもうれしいニュースだと思います。
もっと身近にアクアリウムが浸透してほしいですね。

金魚バーは三十日まででしたが、好評のため九月七日まで延長するそうです。

お近くにお住まいで興味のある方はヴァンテアン(電話048・525・4735)へ問い合わせてみてください。

最後にいらない心配かもしれませんが金魚バーに使用されている熱帯魚たちが丁寧に扱われ弱ったり死んだりすることがないように祈っております。
posted by りく at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚ニュース この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。