2006年10月08日

■ トリミングの解説 ■

■トリミングの必要性

 水草は適度に照明を当て肥料やCO2を与えるとぐんぐん成長します。
 有茎草は特に成長率が高く、調子が良いとあっという間に水面に達することもあります。

 水草が生長していくこと自体は喜ばしいことなのですが成長しすぎると水景が乱れたり水槽の下
まで光が届かずに底にある水草の生長に支障をきたしたりする様になります。
 株で成長していくタイプであれば過密になりすぎて根を十分に張れなくなったりします。

 上記の理由から伸びすぎた水草は適時トリミングを行う必要があると言えます。


■トリミングのタイミングについて

 水草のトリミングは伸びすぎて景観が乱れる少し前に行うのがポイントです。
 伸びすぎて放っておくと他の水草に悪影響が出たりトリミングが非常に困難になることが多い為
早めにトリミングを行います。


■水草の種類別トリミング方法

 ロタラ、パールグラス系のトリミング法
 グロッソスティグマのトリミング法
 ウィローモスのトリミング法

水草水槽の作成インデックスに戻る


posted by りく at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水草水槽の作成 この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25096406
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。