2006年10月09日

■ グロッソスティグマのトリミング法 ■

■グロッソスティグマのトリミング法

 グロッソスティグマは正常な光量が確保できていれば(60cm水槽で3〜4灯式程度)水槽の底を這
うように横に繁茂していきます。
 CO2の添加がある水槽内では成長は驚くほど早いです。

 一旦成長しだすとどんどん増え底一面を覆うと2重、3重に重なって繁茂を始めます。
 そのまま放っておくと上層の部分は健康体で下層に埋もれてしまった部分が光が届かずに黄色
や茶色に変色し枯れてしまいます。

 上記のようになる前に重なりだした部分のランナーを切り時々間引きを行うと長期間にわたり水景
を維持することが可能です。
 
 間引きを行う際、ランナー間をカットしグロッソをそうっと引き抜くようにしましょう。
 そうしないと他の株も浮き上がってしまいすべての株が抜けてしまう恐れがあります。

 放っておいて何重にも重なってしまった場合はきれいな部分を切り取り取り出します。
 その後、古い部分をすべて剥がし底を掃除し、先ほど切り取っておいたきれいな部分を植えなおし
てください。
 その際に出来るなら底砂内に固形肥料を追肥しておけば植えなおしたグロッソの成長も早くきれ
いな緑の絨毯に育ってくれると思います。

 光量が少ないと上に向かって成長を始めますがその場合には通常の有茎草と同じように茎の途
中をカットすれば良いです。

トリミングの解説へ戻る
水草水槽の作成インデックスに戻る
posted by りく at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水草水槽の作成 この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25150038
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。