2005年04月01日

■ ボトルアクア ■

ボトルアクア
小さな空間に手軽に水草水槽やエビ飼育などが楽しめます。
フィルターなどは使わず、水草の浄化能力・水換えのみに頼り、維持していきます。
普通の空き容器にて始めるも良し、おしゃれな一輪挿しなどで始めるのもいいでしょう。
■ボトルアクアに必要なもの

底 砂
 これは好きなものを選びましょう。水草を植え肥料分のない底砂を使う場合砂の中に少量の
肥料(イニシャルスティックの砕いたもの等)を混ぜておきましょう。
 底砂があったほうが水質が安定しやすいようなのでぜひ入れておきましょう。

生 体 
 季節によって変わってきます。

【 春〜夏に飼える種類 】
 お魚はネオンテトラ等の小型カラシン、ラスボラ等は大丈夫です。その他CRS等のエビ類も
OKです。(ただし、水温には注意して18度〜28度の間になるように置き場所等工夫しま
しょう。)

【 一年中大丈夫な種類 】
 お魚はアカヒレやメダカ等低水温に耐えれる魚、その他ラムズホーン等の貝類やミナミヌマ
エビ・ヤマトヌマエビ等一部のエビ類は大丈夫です。

水 草
 フィルターを付けないので水草にて水の浄化を行う必要があります、ミクロソリウムやウィロ
ーモスなどの陰性植物が最適です。
 浮草は浄化能力に優れているのでぜひ入れておいて下さい、専用で照明を点ける場合は
ロタラ系やパールグラス等もいけます。

バックスクリーン
 水槽用であまってるバックスクリーンがあれば大きさをあわしてカットし、張ってみましょう。
きれいでゴージャスな?ボトルアクアに変身します。
■ボトルアクアのお手入れ

水換えについて
 作成初期は1週間に一度程度半分くらいの水を替えます、飼育水が落ち着いてくれば蒸発
した分を足すぐらいで維持できるようになります。
※当然収容生体数が多くなればより沢山の水換えが必要になりますが。

水草のお手入れ
 水草が伸びてくればトリミングしましょう。また、ボトル内の水質が安定しない場合は水草の
量を増やしてみて下さい。

エサについて
 作成初期は極少量を1日1回程度与えましょう。ある程度経ってくるとボトル内に浮泥やミジ
ンコなどが発生してきますのでそれらを食べて生活できるようになります。
■ボトルアクアを始めてみましょう

お手軽ボトル飼育セット
ボトルや生体などが初めからセットになってますので届いてすぐ始められます。

ボトルアクア用製品
ボトルアクアに最適な飼育用品です。

ボトルアクア実例ギャラリー
posted by りく at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボトルアクアの世界 この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2720448
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。