2007年08月12日

■ Apカカトオイデス ■
アピストグラマ・カカトオイデス
■Apカカトオイデスとは?
 針毛のような背びれにビッグマウスと呼ばれるほどの大きな口が特徴のアピスト。
 ほとんどの種はヒレの一部に斑紋が入り美しい。

■飼育環境は?
 比較的適応水質が広く、アピストの中でも育てやすい部類に入る。
 しっかりと飼い込めば繁殖も楽しめる、その際には出来るだけペアで飼育し(水槽は
30cm程度で十分である。)産卵床に半分に割った素焼きの植木鉢、もしくはココナッツ
シェル等を設置してあげると良い。
 餌は赤虫やブラインをよく食べるが慣らせば人口飼料も食べる。

★アピストグラマ・カカトオイデス購入してみませんか?

アピストグラマ・カカトオイデス

\7350(1pr)
生体図鑑インデックスへ戻る
posted by りく at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育・繁殖情報 この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。