2007年08月16日

 開発などで数が減っている植物を守ろうと、滋賀県草津市下物町の市立水生植物公園みずの森で14日、「絶滅危惧(きぐ)植物展」が始まったみたいです。

 琵琶湖から姿を消しつつある本来から自生している水草や、逆に数を増やしている外来種を展示しています。

 環境省が札幌市や熊本市など全国12カ所の植物園を巡回し、各園と共催している。

 みずの森では、同園が取り組んでいる県の絶滅危惧種の水草ミズアオイの栽培の様子などをパネルで展示している。

 また、20種の外来種を展示しています。
 外来種は元々自生している植物などにも影響を与え、爆発的に増えることもあるので池や川、湖などに捨てるのは絶対にやめましょう
 

 19日午後1時から県内の絶滅危惧植物をテーマにした講演を行う。展示は9月2日まで。月曜休園。入園料が必要。
posted by りく at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚ニュース この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。