2005年08月23日


■ 水温が高くなってしまう場合の対処法 ■
■水温が高くなってしまいました。なんで?
1.物理的に部屋が暑い
部屋自体の温度が非常に高くなっている状態です。家を留守にするときなどは窓を少
し開けておく等の対策をしておかないとひどい場合には35度等に上昇する恐れがあり
ます。

2.水槽が窓際である(直射日光が当たる)
水槽が窓際に設置してある場合、直射日光が当たり水温が急激に上がってしまうこと
があります。苔が生えやすいなどいろいろトラブルも多くなるので窓際に水槽を設置す
るのは止めましょう。

3.ライトの発熱
特に水草水槽などでは3灯式・4灯式のライトを設置することが多いです。ライトの本数
が多いと意外とライトの発熱量は多いので夏場はリフトアップしておくことをお勧めしま
す。

4.水槽が小型である
一見管理が楽そうで重宝しそうな小型水槽ですが、夏場の水温上昇には弱く、小型に
なればなるほど水温が上昇するまでの時間が短くなります。小型水槽は特に水温上昇
対策が必要になります。

■水温が上昇する場合の対策は?
1.水槽用ファン使用
多少の初期投資とコストがかかりますが比較的水温を下げてくれます。通常の使用状況
では30度以上になることは無いでしょう。小型水槽などに対応した製品も販売されてます
ので活用してみてください。

2.水槽用クーラー使用
初期投資・ランニングコスト共に結構かかりますが、水温を下げる能力は絶大です。
水温上昇に弱い生物や大型水槽などには最適で、安定して一定の水温を保つことが出
来ます。

3.ライトのリフトアップ
ライトが発する発熱は結構高く、水槽に直置きしていると水温に影響があります。
専用のリフトアップ器具を使用して水槽から少しでも遠ざげることで水温上昇が緩和され
ます。ファンやクーラーのような高い効果は望めませんが、コストが安くつき試してみる価
値はあります。
トラブル対処法一覧に戻る


posted by りく at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対処法 この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。