2005年08月27日
熱帯魚情報局HOME水上葉 > この記事


■ 水上葉のススメ ■
■水上葉の魅力

1.ストックが容易に
水草を購入して余った、またはトリミング後の水草を水上葉化しておけば
楽な管理でストックしておけます。レイアウトに使用するときはストックして
ある水上葉を水槽内に導入し、水中葉に移行できます。

2.水草の違った姿を楽しめる
基本的にほとんどの水草は水上葉と形が違ったりします。葉の厚みや色、
成長具合など水中葉とは違った美しさがあり楽しめます。

3.水草の花が見られる
水草は通常一部の例外を除いて花が咲くことはありません。しかし、水槽
内で花が咲かない種類でも水上葉化すれば花が咲きます。
■水上葉への移行方法

一番簡単な方法は水槽内で伸びてきた水草を放置し、水面から上に出てく
るのを待ちます。水面上に出た水草は徐々に水上葉を展開し始めますので、
成長したところでカットし、鉢などに土を入れ植えます。
管理は多少多めに水を張るだけです。

もう一つは発泡スチロールの箱などに土を敷き、トリミングなどで余った水草を
植えます。(短めにカットしておきます。)その後水草が浸るくらいに水を張りま
す。しばらくすれば水上葉を展開し始めるので安定したところで水位を徐々に
下げていけば水上葉化完了です。
■水上葉図鑑

     グロッソスティグマの水上葉
     ハイグロフィラの水上葉
     ヘアーグラスの水上葉
     ハイグロフィラ タイランドの水上葉
     パールグラスの水上葉
■冬も越せます

一度水上葉として定着すると日本の冬も越すことが出来ます。
もちろん葉は一度枯れてしまいますが暖かくなると新しい葉が生えて来ますの
でご心配なく。

冬の間ですが水を切らさないようにし、直接雪が積もったりしないように屋根の
あるところに置いておけばOKです。

    越冬したヘアーグラス水上葉

     


posted by りく at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水上葉 この記事をはてなブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6288552
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。